english japanese german
サイト 業務案内 コンピタンス コンサルティング業務 コミュニティ プレス お問い合わせ先
 

課題

コンセプト

当社の顧客

基本理念

プロフィール

課題

技術的なサービス標準のレベルは、グローバル規模で同一になってきています。その結果、習得能力、順応性、企業文化、イメージ、顧客志向とコスト志向、革新スピードといった主要基準は、決定的な市場シェアによって競争上の優位性を持続的に得るための重要性を増しています。

製品と技術のバランス化によって、あらゆるサービス提供者は、他の事業分野とサービスにおいて差別化を図らざるを得なくなっています。したがって、ネットワーク化されたロジスティックスとインターネットなどは、技術的なサービス分野で拡大を遂げる上での重要な要因になっています。そこには、 競争上の境界があるのです。

ヨーロッパは4億7,000万の消費者を抱える市場です。この市場では、製品、サービス、資本の越境貿易をスムーズに行うことができます。EU の東方への拡大によって、市場拡大の可能性が増大するとともに、そこで営業活動を行うビジネスの需要はますます高まっています。

一方では、EU 市場は世界で最も競争の激しい、ダイナミックな地域を形成しており、商品とサービスに関して高水準の要件がますます求められるようになってきています。ヨーロッパを制する企業が世界を制するのです。安定した政治情勢と市場へのオープンなアクセスは、新しいアイデア、コンセプト、そしてソリューションを成功に導く確かな基盤になります。

また他方では、ヨーロッパ市場は、製品が最上の価値を実現する上でさまざまな決定を下す  顧客間の高いコンピタンスに特徴付けられています。同時に、ヨーロッパには 40 の国家とそれに対応して多数の言語が存在するため、柔軟な顧客志向に関して高い要求が求められます。

アジア地域のあらゆるサービス提供者は、新しい製品、販売戦略、マーケティング戦略でヨーロッパに参入する際には、ヨーロッパが世界最大の関連市場であることを良く認識しなければなりません (ヨーロッパ市場を考慮することが必須です)。国家、市場、言語、製品が混在するヨーロッパ情勢では、どのようにすれば市場志向になり、ネットワーク化できるのかを、理解し、習得することが企業に求められています。